境内案内

福山八幡宮は備後福山総鎮守として、天和3年に御鎮座されました。
現在も、境内にはお宮参り・安産祈願・車のお祓いをはじめ、秋には七五三、年明けには多くの会社のお参りが絶えず、また市民にとっては緑豊かな憩いの場ともなっています。

西御宮

4代藩主水野勝種公の命により、家老上田四郎左衛門が執行役となり、新庄市太左衛門に惣奉行を、鈴置茂左衛門・鎌田與七左衛門・本庄三木左衛門に普請奉行を、坂田弥左衛門に作事奉行を任じ、天和3年(1683)松廼尾山の東西に備福山総鎮守の社として竣功、従2位行大納言観修寺経慶・従5位下観修寺尹隆より幣帛が奉られ、ご鎮座奉祝の祭礼が盛大に行われたとの記録が残ります。
本殿、幣殿、拝殿、随神門、鳥居、惣門などの各社殿は、同一様式、同一規模によって並び建てられ、それぞれに同じ大神様をお祀りする大変珍しい構成をしており、また、意匠が大いに優れ往時の姿がほぼ完存する事から江戸期を代表する貴重な文化財として注目されています。

本殿

正面両脇間に禅宗様の華頭窓を、また両側面には四隅を落とした角窓を設け、正面に千鳥破風を付けた方三間の入母屋造りと呼ばれる形式のお社です。
内部は、内々陣、内陣、外陣に分かれ、蟇股には水野家の家紋である「丸に抱き沢瀉」を始め、梅、桃、紅葉、朝顔などの彫刻が極彩色に施されており、土佐派の絵師が描いた冷泉大納言の三十六歌仙額が掲げられています。

幣殿

唐破風造りを用い、本殿の丸柱に対し角柱で、内部には紅梁が二重に架けられ、輪垂木の化粧屋根を見せ、組物などには極彩色が施されています。

拝殿

本瓦葺きであったものを昭和59年銅板葺きにあらため、中央の向拝にのみ組物が配されています。

向拝

幣殿の後端部を兼ねるよう軒唐破風として備えられています。

随神門

全体に朱漆塗りが施され創建時には朱門と呼ばれた切妻造りで、前方一間分と後方一間分にそれぞれ化粧屋根裏の棟を持つ東大寺や法隆寺といった古い形式に見られる三棟造りをしています。南面には右に黒の束帯姿で老相の像が、左には赤の束帯姿で若相の像が椅座し、北面には木製の狛犬が安置されています。近年本瓦葺きから銅板葺きにあらためられました。

鳥居

両部鳥居と呼ばれる形式で全体に朱漆塗りが施されおり、復元調査によると日本で三番目に古い木造の鳥居とされています。東西両鳥居に掲げられた社号額は、近衛左大臣基熈の筆によるものです。

PAGE TOP