聰敏神社例祭

勝成公は、元和5年(1619年)当地に譜代大名として赴任されるや、庶民の生活を豊かにするため大規模な干拓事業を行い新開の開発、池溝の開削、また特産品においての生産、商事など数多くの事跡を残して今日の福山の礎を築かれました。そのご功績を称え、ご威徳を慕う人達が集まり「水野勝成公報徳会」を結成、産業、経済の守神として、また戦に至っては常勝無敗のことから必勝の神として広く崇敬の念を集めております。

PAGE TOP